ID’S à la biennale du design de Saint-Etienne 2013

ID’S à la biennale du design de Saint-Etienne 2013

Du 14 au 31 Mars 2013 s’est tenu àla Cité du Design de Saint Etienne, la Biennale du Design. C’est un événement qui devient de plus en plus important avec une couverture médiatique qui permet à un large publique de venir visiter.

C’est en m’y promenant que je suis tombé nez à nez avec
deux créations de l’agence : La lampe SPIDER, et la MANTIS qui font partie de la gamme des SmartOled que nous avons dessiné pour BLACKBODY. C’est d’autant plus flatteur que je n’étais pas au courant, car elles ont été sélectionnées dans le cadre de l’exposition des « objets empathiques ».

Je fut encore plus étonné et heureux de voir SPIDER en pleine page du supplément de LIBERATION de la même semaine pour illustrer un article de l’exposition.

なぜ日本の女性はルイヴィトンのバッグをそんなに崇拝していますか? ヨーロッパのブランド名の中で、ルイヴィトンiphoneケースのブランド価格は最高ですので、あなたがブランドのパッケージを購入したい場合、多くの人々の最初の選択は、ルイヴィトンのバッグを選択します。 第二の理由は、群れの心理が働いていることです。あなたの友人や同僚がブランド携帯ケースのバッグを買うときに、あなたが持っていなければ、あなたは誰とも、そしてみんなと両立できないように見えます また、このパッケージを購入するお金がないと感じます。 日本社会におけるルイ・ヴィトンの盛り上がりは、約5年間続きました。 なぜなら、物事が誰のためにも洪水になると、それは無益になるからです。 だから日本の通りが21世紀に入ると、ルイ・ヴィトンバッグが突然姿を消した。 あなたがまだルイヴィトンのバッグで買い物をしているなら、あなたは田舎者または外国人として扱われる可能性が高いです。 ルイ・ヴィトンは日本にいるので、それはヌーボーの富がある。